プロテイン 種類 効果

プロテイン約20杯
HMB

 

HMBランキングへ

筋肉のためには生活習慣の見直しとプロテインがおすすめ

画像1

健康維持に配慮している人は多く、運動不足の解消や、筋肉にいい食事など、色々な取り組みをしている人もいます。

 

健康状態の向上には、筋肉にいい生活リズムを構築することも、ポイントになります。

 

食事だけでは不足している栄養を確実に取り入れるために、プロテインを使うという方法もあります。

 

プロテインには実に多くの種類があり、生活する上で欠かせない摂取すべき栄養を気軽に摂取することができます。

 

多忙な生活を送っている人は、栄養補給を十分に行っているつもりでいても、不足している栄養素がある程度は出てしまいます。

 

栄養不足を効率的に補うために、プロテインで筋肉に有用な成分を補給するといいでしょう。

 

免疫抵抗力を上げる栄養素や、疲労回復に役立つ栄養素などもあり、いずれも筋肉のためにはとても大事です。

 

免疫抵抗力を高めることを目的とした種類のプロテインも販売されており、多くの人が利用しています。

 

メーカー各社がプロテインの開発に力を入れている現在では、痩身効果や、美白効果、増毛効果など色々な商品があります。

 

プロテイン自体は薬でないため、それほど副作用なく安心して利用することができます。病院で処方されるような薬ほど、すぐに効果が出るわけではありません。食事による栄養補給を第一に、補助的な位置づけでプロテインを活用することで、筋力効果が期待できます。

 

HMBランキングへ

プロテインをより効果的に摂取するには?

画像2

筋力を維持するにはバランスの取れた食事を1日3食きちんと摂ることが大切です。栄養バランスのとれた食事ができていないことを理解しつつ、忙しい毎日の中で取り紛れてしまっているという人は多いようです。

 

食事改善も思うようにできないなら、足りない種類の栄養素を補うための手段として、プロテインを使って欠乏気味な栄養を確保するといいでしょう。

 

栄養の足りない食事を続けていた人でも、プロテインの使い方を工夫することで、筋肉の不調を少しずつ改善していくことができます。

 

水でプロテインを習慣をつけることで、有効成分を効果的に吸収できます。プロテインの成分の中には、水を使うと効果が減衰するものがあります。

 

カフェインや、カテキンの多い緑茶やコーヒーで飲むと、筋肉に成分が届かなくなります。

 

また、プロテインは食後に飲む方が吸収率が高くなるので、特に指定がなければ食後30分以内に飲むことが大切です。

 

プロテインの種類によって、最適な飲み頃時間は異なっています。栄養補給が第一の目的ならそれでいいですが、満腹感を得て食事量を減らしたい場合は食前に飲みましょう。

 

体に必要な栄養には色々なものがありますが、栄養成分の相性によってはより高い効果が得られます。ビタミンEの抗酸化作用は、ビタミンCと一緒に飲むことでより高い効果が得られるようになります。

 

また、鉄のプロテインも、ビタミンCとの飲み合わせがよいと言われていますので試してみるといいでしょう。反対に、組み合わせが良くないと、期待したほどの効果が得られない場合があります。亜鉛や鉄などのミネラルプロテインを摂取する時は、食物繊維と一緒に使うと吸収率が下がる場合があるので、気をつけましょう。

 

HMBランキングへ

通販でプロテイン買うメリットとデメリット

画像3

プロテインを店舗では買わずに、ネット通販などを活用しているという人が多くなっています。

 

少なからずの人が、病院に頼らず病気になりにくい体をつくるためにプロテインを使っています。

 

思い立った時にすぐに買えることや、商品を直接目で見てチェックできることが、お店で商品を買う際の強みです。

 

しかし最近では通販でプロテインを購入することも可能で人気を博しています。通販ショップを利用する利点は、自宅にいつつも、好きな時間帯に商品発注の手続きができることにあります。

 

通販を使うことで、誰にも気づかれずにプロテインを利用したいという人でも、人目につかずに商品を購入することが可能になります。

 

多くのプロテインは、ある程度の期間継続して飲む必要があるため、定期購入などのサービスがあれば自動的に手元に届くようになり、より続けやすくなるといった点もメリットといえるでしょう。

 

定期コースを利用することで、商品を低価格で購入できる場合もありますので、便利な上にお得にもなります。膨大な種類のプロテインが市場に出回っていますので、自分に効果があるプロテインがどれかわからないという人も多くなっています。通販で売られているプロテインの中には粗悪品も少なくないため注意が必要になります。

 

 

HMBランキングへ

画像4